金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

楽譜の不思議♪

こんばんわ★
うぅ・・・眠いです!なんだか今日は1日中濃いぃぃ1日でした。

朝自分の練習をした後、コーラスの伴奏に行きました♪
今、大椎レ・ザンジュは、5曲もの歌を練習しているのですが、今日は『アヴェ・マリア』と他2曲。

アヴェマリア』はたくさんの人が作曲しましたが、今やってるのは、フォーレという人が書いたもの。

フォーレは、ドビュッシーラヴェルなどと同じフランス人の印象派と呼ばれる作曲家。
なんだか音の作りも神秘的で、ソプラノ・メゾソプラノ・アルトが重なり合って歌うと本当に美しい響きになるんです☆

ただし、それぞれのパートで歌ってみると、予想だにしない場所に音が飛んでったりして本当に難しいんです!

ソルフェージュを勉強してる私でさえ“なんじゃこりぁ!?”って感じなのに、メンバーの皆さん、よく歌えるな〜と尊敬★

これは楽譜の1部。

上からソプラノ・メゾ・アルトのパートで、下2段は伴奏部分。

で、この楽譜のさらに難しいところが、1番上の段の2番目の小節にある『♭♭(ダブルフラット)』。
読んで字の如く、元の音を1回半音下げて、さらにもう1回半音下げるって事で、
この楽譜の場合は『シ♭♭』=『ラ』になるわけです。

じゃーどーして、端から『ラ』って書かないのさぁ!

って思いますし、私も幼少時代純粋に思いましたが・・・

それは理論上の問題で書けないんですよね(>_<)
その理論上って書き始めると、今日中に寝れそうにないので(笑)書きません。

同様に『ファ♭』=『ミ』『ド♭』=『シ』なんですよね。。。
   

そんなこんなを頭ん中でグルグル考えていたら、伴奏でミスを連発してしまってました(T_T)
メンバーの皆さん、ご迷惑をおかけしました。。。


さて、明日も自分の練習をがんばって、清々しい気持ちで生徒ちゃんたちを迎えられますように♪