金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

調律師さんに学ぶ♪

こんにちは♪
今日は午後からのピアノレッスンの前に、半年に1度の調律の日でした♪
私が今使っているピアノはかれこれ9年目。
弦(特に高音)が切れてしまうことは何度かありましたが、響きの良いピアノになってきたな〜なんて自画自賛してしまうくらい気に入っています。


ところが、ここ最近、2点ホ(真ん中のドから次に高いドのそのすぐ2つ上にある、ミの音)が、鍵盤を押すたびに金具の音が鳴るような感じがして、早速調律師さんに真相究明を願いました。
ホント、そう考えると、調律師さんて、ピアノのお医者さん、そのものですよね。

様々な角度から、原因を考えてくださり、全体の調律が終わった後、説明を聞きました。

その異音は解消されたのですが、要するに、ピアノも歳をとったという事でした。
少しショックでしたが、『決して寿命ではないですからね♪心配ご無用』とおっしゃって下さって安心。

そして、意外だったのがピアノ蓋の開閉について。
面倒くさがりの私は、鍵盤の蓋だけ閉じて、大屋根の蓋はほぼ開けっ放しですが、それでも、問題ないし、むしろ毎日開け閉めするより、良いそうです。

家のドアを毎日開け閉めする毎にきしんでいくように、ピアノの大屋根も開け閉めすると金の金具の部分が少しずつきしむとか。


今の担当の調律師さんにお願いするようになって、早6年ですが、毎回来て頂くたびに、ピアノの新たな面を教えて頂いています♪♪