読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

もどかしさ。

こんばんは★
7月も残すところあと10日程。季節が過ぎていくのは本当に早いですね。


そう、季節が過ぎていくのは本当に早い。
けれど、それは大人の感覚。以前にもこちらのブログで、“歳月を重ねていく程、分母が大きくなるので、1日、1年の感じ方はどんどん短くなる”と書いた事がありました。
子どもにとっての1日、1週間、1か月、1年・・・と大人との感覚は違うのです。

だから、なのか、大人は様々な物事に、すぐ結果を求めてしまいますよね。

けれど、ピアノという習い事は、はっきり言って、すぐに結果の出るモノではないと私は考えます。まったく弾いた事もない人が、今日1日20時間練習して明日になったらピアノが弾ける人になっているか?きっとムリです。
比較的、結果がすぐに出る習い事に比べ、ピアノは、常に壁とのぶつかり合い。
1つの曲が完成しても、延々とその曲を弾き続ける…と言った事はなく、どんどん新しいテクニックや分野、時代の曲に挑戦し、苦戦し、こなして、自信をつけていく。
そのコツコツコツコツの積み重ねで、いつしか、“自分が弾きたいと思う曲が自由に弾けるようになる”のです。

では、それはいつなの?いつになったら我が子には自信がつくの?いつになったら不自由なく音楽を楽しめるようになるの??

きっと保護者の方々は、このような疑問が生じることと思います。

その回答は、『お子さんによって異なる』です。
でも、ここで覚えていてほしいことは、『お子さんによって異なる、けれど、続けていれば必ず自信がつく』という事。
お子様本人が、相当ピアノ嫌い、音楽嫌い、もうピアノというワードを聞くと顔色が悪くなる!といった事態まで陥ってしまったら、やめた方が良いでしょう。
でも、そうでないなら・・・どうか長い目でみて頂きたい。

実はここ最近、そう切に思う事があったので、ここに書き込みさせて頂きました。

日ごろ、私のところへ通ってくださっている生徒さん、生徒さんの保護者さま。
何か小さな事でも、悩みやご相談がある際は、仰ってくださいね★