読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

素敵なピアノ展♪

先週末、楽譜や楽器の探索へヤマハ銀座へ行きました♪
そこで行われていたのが、

むかしむかしの素敵なピアノ展

チェンバロフォルテピアノクラヴィコードなど、現代のピアノが生まれる以前の200年以上の前の鍵盤楽器の数々が展示されておりました。

よく、バッハの作品を生徒さんとお勉強しているときに、
『バッハの時代のピアノは、チェンバロと言って、“はじいて”音を出す楽器なのだったんだよ。だから、レガート奏法はできなかったのよ。だから、今も、あんまり全部にスラーをかけてしまうと、不自然なの。』と説明してきました。
が、本音を言うと、“はじく”仕組みをあまり深く理解していなくって・・
本や、小林先生の自宅にあったチェンバロを奏法してみての体験談だけだったので、今回の展覧会で実際に構造をみる事により、納得〜〜〜★という感じでした♪

8月末まで行われているようです☆
自由研究にはもってこいですね★