金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

ないものねだり

おはようございます♪
雪、予想通り着々と降っていますね(ーー;)

昨日は朝学校前にピアノの朝練をし、新宿の学校へ行き、午後は津田沼へ移動して21時までレッスン。その後は、アンサンブルのクラスで使用予定のミキサーのお勉強会をしてもらい、夕飯を食べて終電で帰宅。帰宅後はコンビニへ出て、お勉強予定のピアノ曲10曲をコピー。深夜1時に帰宅。

これは、“忙し自慢”をしているわけではありません。
私自身、この“忙し自慢”をする方があまり好きではないのです。

昨日のような私のスケジュールも、日ごろから“忙し自慢”をする人も、みーーーーんな、
『自分が望んだことでしょ?!』
と思うからです。
無情で冷淡かもしれませんが、すべての物事は、自然がそうさせたわけではなくて、自分が望んだ結果なんだと、いつも自分に言い聞かせるようにします。


「子供ができたら、あなただって今のようには仕事できなくなる。私だって子供がいなかったら、もっと仕事できるのにって思う。」

このまま一生独身だと、孤独死して、死後何か月か後に発見され、新聞の片隅にも載らない程の出来事として処理されるかもしれない、という恐怖(笑)を抱えつつ、仕事しまくる私にとって、その言葉は、『あぁ(私も含め)人って無いものねだりだな・・・』と感じました。



私の尊敬するピアノ界の方で、最もタイトスケジュールな先生、藤原亜津子先生。
朝6時にレッスンすることもしばしば。地方移動中はメールの返信に追われるその先生の口から、
『忙しいの。』とか、『これが大変だから、これはできないの。』という発言は1度たりとも聞いた事がありません。
講座の時は常にニコニコ(*^_^*)亜津子先生ワールドで、受講生を虜にするパワー。
ピアノと関係ないお話をしていてもとっても魅力的な先生。
でもきっと、ハードで、超多忙で、キツイ日だってあるはず。
そして、自分の弱いところをどこかしらではさらけ出してるはず。
例えば私のように…母は私をかなり愚痴っぽく、弱っちい器の小さい人間だと思っている事でしょう(笑)

しかし、音楽の指導や勉強の時になると、大変さを微塵にも見せない、そんな先生に憧れます。邦雄先生もそう。明美先生もそう。


今月は学校と、ピアノやソルフェのレッスンなどで、2日1回は生徒として学んでいます。
それが、独身者ゆえの特権というならば、大いに活用したいと思います!!



人生初いじりのミキサー♪
ソルフェの後輩、シンガーソングライター秋山祐樹くんのモノをお借りしました♪
秋山くんブログ http://ameblo.jp/akiyu-canto/

今まで音楽をずぅ〜〜っとやってきて、初めて音響について、触りの触りを学びました♪