金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

リトミックフォーラムその3

フォーラム第3日目は最大級に感動の嵐✨


だったにも関わらず、あれよあれよと言う間に秋風感じる9月になってしまっていました😭

記憶のあるうちに記しておかないと💦



フォーラム最終日は、全国にあるリトミック研究センターのうち、代表4支局による研究発表。


テーマはとくになく、支局独自にゼロからテーマ、ストーリー、台本作り、必要に応じて作曲や、動き1つまで1年近い時間をかけて準備されたとのこと。


中でも感動したのは、兵庫支局と茨城支局。


兵庫支局は、『ある日のリトミック』をテーマに、支局長が自らレッスンをする某保育園の年長クラスのデモレッスン。


20名ほどの年長児が、先生の指示に従ってリトミックを楽しむ姿。【動き】に対して、ピアノの伴奏がどれひとつとして同じものはなく、また、その動きも理にかなっていて、聞き応えも抜群。

子供たちも素直に伸び伸びと身体を動かし、私たち聴衆を楽しませてくれました。


しかし本番はここから。

数分の先生のMCを挟んだのち、正装に着替えた園児たちはその場の空気をガラッと変えるほどの集中力で、トーンチャイムで5拍子の曲をアンプで披露。(トヨタのCM曲)

5拍子の曲を覚える方も、指揮する園の先生も、そしてメロディパートのみならずハモりパートも大人でも至難の技。


それをひとっつも間違えず、完璧に成し遂げた園児たちに、聴衆は涙涙😭😭😭😭😭




そして茨城支局は、地元に伝わる『だいだらぼっち』をテーマに、リズム、歌、音楽アンサンブル、プラスティックアニメ(音楽の動きを個人や、グループで身体の動きで体現するもの)でストーリー化したものを発表。



これはもう、プロさながら🙀🙀🙀



相当の練習量を積んだ茨城支局のスタッフと会員さんたち。

学校時代の同期もパーカッションと裏方で大活躍されていたようで、なにがどうすごいというよりは、初めから終わりまですべてに魅了されました。


リトミックって素晴らしい!と改めて思えた瞬間。


生徒のコンクールが全国まで進めば来られなかったフォーラム(笑)

5年後の開催地は関東のいずれかということで、どんな状況にあるか分からないけれど、またこの場に来たいと思えた3日間でした🎶

f:id:eiko19:20170820065251j:plain