金沢瑛子のブログ 〜音楽あれこれ〜

ピアノと共に生きてきた金沢瑛子のブログ。演奏と勉強のこと、お教室のこと、またリトミックとソルフェージュについてあれこれノンビリ書いてます。

対面レッスン休止へ

こんばんは★
千葉市緑区土気・あすみが丘の金沢ピアノ教室です♪


昨日、5月の連休明けまでのすべての対面レッスンを休止することにしました。

当初、緊急事態宣言を受けてから、生徒さんの希望に沿った形で、レッスンを行うつもりでいて、大半の方がこれまでの通りの対面レッスンを希望されていましたが、

 

色々と事情が変わったり、

やはりコロナの脅威はそうそう易しくはない現実を鑑みて、

遅くなりましたが、このような措置を取らせていただきました。


月2回コースの生徒さんや、大人の生徒さんは、

趣味で楽しく続けてらっしゃる方が多く、

『グランドピアノの音色を楽しみたい』という方が非常に多いため、

4月の残りレッスンは休会。


継続する事が今1番大切な時期である小学生の生徒さんは、

希望で、オンラインにするか、休会にするかを選んでいただきました。

結果として、50%の生徒さんがオンラインを選択されました。

休会を選ばれた生徒さんの中には、

ご家庭の事情で落ち着いてモニターに向き合える環境でなかったり、

Wi-Fi環境がなかったり、

お母さま自身がお仕事を休めずに、ネットに繋げられる状態でなかったりと、

“本当はオンラインで続けたいのですが…”と、謝って来られる方もいました。


そういった事情をお持ちの生徒さんには、
『ではたまに録画したものを送ってくださいね♪』とお伝えしました。


こちらとしても、すべての生徒さんに平等な環境が用意できない歯がゆさが残りますが、仕方ないです。



ただ、ここまで進んだのが、圧倒的に遅かったな。。。と後悔しております。

この数週間で何度も全生徒さんに連絡をしてしまいました。


情報取得が1番大事なこのタイミングで、

要返答の連絡をたくさんしてしまい、

自分の決断力の甘さに猛省です。






昨夜色々と連絡に走ったあと、久しぶり夜テレビをつけると、坂上忍のコロナに関する番組がやっていて、

マレーシア滞在中のガクト、

パリ滞在中の辻仁成がコメントを出していました。


3人ともけっこう個性強め(笑)なので、特別好きな人たちではないですが、

海外滞在中の2人のコメントにゾッとしました。


ガクトは、
『今の日本ははっきり言って、狂ってる』と。

 

この言葉を聞いて、てっきり政府の対応批判かと思ったら、そうではなく、

『個々それぞれの危機意識の甘さ。政府や行政への対応に依存している』と。


辻仁成は、

『今の日本のコロナ犠牲者は、1か月半前のイタリアと同じです』と。

 

 

そうだよなぁと。

確かに明日の食べるものに困る方や、家賃や従業員の賃金問題に苦しむ方もいるから、その点は早く救済措置が決まるといいなと思う。



でも、まずできる事を個々で考えないと!ですよね。

家にいる事はもちろんだけど、

思考を変える努力をしてみたり、

この計算外にできた時間に教養増やしてみたり、

家族とべったり居られる時間を楽しんだり。

 

私はとりあえず、息子の食事メニューのバリエーションを増やそうと思います🙈

 

 

 

今も最前線で責務を果たしている医療関係の方や、

世界中の想いを背負っている薬の開発者の方、

物流や金融関係、コンビニの定員さんなど、

尊敬し、心の底から応援しています。