金沢瑛子のブログ 〜音楽あれこれ〜

ピアノと共に生きてきた金沢瑛子のブログ。演奏と勉強のこと、お教室のこと、またリトミックとソルフェージュについてあれこれノンビリ書いてます。

レッスン環境と講師のスキル

こんばんは☆

千葉市緑区土気・あすみが丘の金沢ピアノ教室です♫

 

 

対面レッスンが再開し、すっかりオンラインレッスンが過去の出来事となりました。

 

f:id:eiko19:20200508141843j:plain

 

 

レッスン環境によって、講師のスキルが求められるな。。。と実感(痛感?)した数カ月。

 

このオンラインレッスンという、計算外の試練により、私自身が学んだことがたくさんありました。

 

 

①話し方

 

リトミックの研修などでは必ずピックアップされる議題ですが、

個人のピアノレッスンにおいても、話し方、伝え方の大切さを改めて感じました。

私は、声が大きく通るのですが、かなり早口!!

 

過去、教室の生徒さんで、私の早口にがんばって対応しようと、なんでも

『はい!』『わかった!』と即答する子がいましたが、

 

たいてい内容を理解しておらず😢

 

オンラインの場合、伝わっているか否かがより如実に出るため、

(伝わっていないと…無反応。画面のフリーズと勘違いすることも笑)

 

話し方には注意しました。

 

 

 

 

②聴音力

 

レッスン環境整備にあたり、どのお母さまも、わたしが見やすいように工夫してカメラを置いてくださいました。

しかしながら、パッセージの速い曲などは鍵盤1つ1つを追えるほどの精密さはお互い厳しく、

頼りになるのは自分の耳!!!

 

音色のレッスンができない分、譜読みだけは完璧に直すことは目標にしていたので、

 

ケーエスミュージック(7年通ったソルフェ教室)で培った聴音力は今回かなり活きたと思います。

 

そして、これからこの道を志す人や、ソルフェのレッスンを受講する機会のある人に、

『聴音はめちゃ大切!!』と言いたい。

 

 

 

③判断力(オンライン編)

 

これは普段のレッスンでも求められますが、

 

限られたレッスン時間の中で、

 

今日のコンディションを見て、

 

なにを生徒さんに習得してもらうか

 

 

これをオンラインでもいつも考えました。

メモを取ってもらう時間もあったので、毎回5~10分程度伸びてしまったのですが、

内容については、かなり頭を使いました。

 

いつもとおなじレッスンでは意味ないけれど、

 

無理にあれもこれも伝えてもその習得度が判断しずらい。

 

 

この①-③は、オンラインレッスンをしなければ、考え改めることもなかなか無かったかもしれません。

感謝👍