金沢瑛子のブログ 〜音楽あれこれ〜

ピアノと共に生きてきた金沢瑛子のブログ。演奏と勉強のこと、お教室のこと、またリトミックとソルフェージュについてあれこれノンビリ書いてます。

自宅でのピアノの練習と、お母さん。

非常に長~い夏休みも、

 

夫は普通に仕事、
そしてギャングは興奮して毎日ほとんど昼寝せず、

という状況により、あっという間に過ぎ去っていきました…悲しき😢

 

f:id:eiko19:20190527193224j:plain

 

 

 

さて、永遠のテーマとも言うべきタイトル『自宅練習とお母さん』

ご承知の通り、ピアノは運動系の習い事とは違ってその場だけでは終わらず、

日々の自宅での練習が必須となるものです。


学習塾や、公文なども、日々の積み重ねがモノを言う感じかと思いますが、

公文は週に2~3日に通うことができたり、学習塾も自習室を設けていたりなど、

自宅でできなくても力をキープできるように工夫されていますね。

 

ピアノ教室でも同じような事ができれば理想的ですが、そのほとんどが個人レッスンであることや、1人につき1台のピアノが必要になってくる事を考えると、莫大な費用が必要になってしまい、ただでさえお安くはないレッスン料がかさんで、現実的ではない。

なので、大半のピアノ教室が

“週1回のレッスン基本として、自宅での鍛錬を重ねてね” という事なのでしょう。

 

 

 

で、本題の『自宅での鍛錬を重ねてね』ですが、

正直なかなか簡単に思い通りにはいかないもんですよね。

 

ピアノを弾き始めて32年目。

ピアノを教え始めて14年目。

 

これまで本当にいろーーーーーんなシチュエーションで、自宅練習についての相談や雑談をしてまいりました。

 

 

【ケース1】練習しなさい!といっても、しない

 

これが1番多いのでは?
私の親しくしているピアノ仲間の先生も、自身の息子さんの練習は本当に大変だったといっていました。
『自分から決まった時間にピアノに座って、おとなしくマメに練習する?!

ありえないですよ~! そんなこと起きたら、逆に心配になる(笑)』とまで言ってましたね。

解決法⇒強制的にでも、やらせる(笑)
上記の知り合いのパターンでは、“練習終えるまで、○○させない”という約束のもと、

毎朝・毎晩ピアノの練習をしていたそうです。
特に夜は眠くて泣いちゃうこともしばしば…
練習はじめは、横にお母さんがついて、軌道にのれば、1人で残り時間させていたとの事。

 

もし可能なら、

朝起きたて、

学校行く前、

帰宅後すぐ、

夕食前、

寝る前など1日の中でピアノの時間を確保してもらいたいところ。
生活リズムまで強制する権利はピアノの先生にはないので、ここは親子で話し合ってみてほしいですね🎵

 

 

 

【ケース2】練習はするが、ダラダラあそび半分

 

すいません…これは幼少期の私です🤐

とにかくピアノを弾く事が好きだったので、毎日すすんでピアノには向かっていましたし、レッスンで合格が欲しいので、レッスンの曲を弾きはしますが、

何を注意されたのか、何に気を付けて弾くのか

という頭はゼロに近く、ただただ弾き続ける・・・

 

ピアノに無知な両親は、姉に比べて要領よくピアノも弾くし、

とりあえず毎日弾いてるから、まっいっか♫♫くらいだったのでしょう。

 

解決法⇒今、まさに同じ内容で悩んでいる方がいたら、とりあえず毎日弾いてるだけ、大丈夫!と思っても悪くはないかもしれません。

そのうち、必ず壁にズドーーーンとぶつかりますから(笑)
(ちなみに私の壁は、姉がピアノを辞めて耳コピで譜読みパス!という武器がなくなった小学5年。。)

ただ勉強と同じく、“考えてる子”と“考えてない子”の差はピアノにも明確に現れます。
できれば練習中に『どんな事きをつけて弾いてるの~?』と優しく声かけてください。

優しくですよ!!

 

 

【ケース3】ピアノには向かうが、なにをやったら良いかわからず OR 混乱して一人泣き

 

これも金沢ピアノ教室の生徒さんからよく聞かれる相談の上位ですね。

個人的な願望としては、小学校3年生くらいまでは、お母さんと一緒にピアノの練習をしていただきたいです。

私の尊敬する大好きな 藤原亜津子先生(音楽を一生の友に という指針の下、全国津々浦々、ピアノの先生のセミナーに引っ張りだこの先生) は、

 

ピアノの先生は監督、

おかあさんはコーチ。

 

となかなか面白い表現をされていました。

それはそれで素晴らしいチーム力かと思いますが、昨今、お仕事をされているお母さんが本当に多くなり、コーチングに注げる時間も限られたものとなっていますね。

解決法⇒1日5分だけ良いので、小学校3年生くらいまでは一緒に練習する、練習メニューを考える時間を作ってほしいです。

数年前に受けた脳科学セミナーで学んだことに、

『未就学から8歳ころまでは、お母さんに認められたい!誉められたい!と子供は思うが、10歳ころからは、社会に認められるような自分でありたい!とシフトしてくる』とのこと。
小学校高学年に差し掛かったころから、少しずつ自立する準備として、ピアノの練習も1人できちんとできるようになると理想的ですね。

 

 

 

その他、十人十色で、ピアノの練習に関する相談はまだまだあります。

 

大人の目線からしたら“なんでやらないのか”と思いがちですが、

言ってみれば、学校の授業で使う教科書を毎日予習・復習せよ!と言われているようなものです。

だがしかし、毎日やってほしい。

なので、ぜひ、習慣化!これを目の前の目標にして臨んでみてください。
金沢ピアノ教室の現役・OBOGの中には、私がレッスンで練習不足を指摘する必要がない生徒さんも数人おります。

 

悩みがあればドシドシご相談くださいね🎵🎵

 

 

夏休みスペシャルという事で長めの暑苦しいブログでした~~~~~

 

 

 

 

必要なのは、流し素麺のスキル

久しぶりのブログなのに、

なんてタイトルだ…



ということで、

完全なる燃え尽き症候群とも言いましょうか、発表会が終わって以降、7月は1度も記すことなく過ぎ去っていき申し訳ありません。



なんだかんだと色々あって落ち着かない1ヶ月でしたが、日々進化を遂げているものが近くにあると、それが原動力になって、また頑張れる。

そんな事の繰り返しです。


9ヶ月になった彼は、

対人 という認識がはっきりしてきました。

f:id:eiko19:20190701113036j:plain

…正確には人ではないけど(笑)




さて7月のビッグイベントとしては、生徒ちゃん2人のコンクールの でしょうか🌻

2人とも2次には進みませんでしたが、本当に私も生徒ちゃんも色々と学ぶことと考えることが多く、実りあるコンクールでした。


ただ、よくがんばったね!いい経験になったね!と美談だけで終わらせるのはよろしくないな😣と自分に叱咤。


8月はお休みが非常に多いので、レッスンの構造改革をします!(宣言)





あ💡

それで本題の『流し素麺』ですが。


冒頭にある通り、色々あった日々の棚ぼた効果なのか、久しぶりの再会を果たせた事が多く、全く関連性のない再会を重ねて出た結論が、


『日々、流し素麺のように。

後追いしない。自分が掴めなかったものは諦める。すべてに執着しない。』


だな、と(笑)



自分だけじゃなく、

今のこの世の中はなんだか具合の悪いこと、変なこと、不思議なこと、不快なことが多い。


改めて流し素麺のような生きる力を、

今一度見直してみた1ヶ月でした🌺









母は強し ~第9回金沢ピアノ教室発表会終了~

昨日、とっても良いお天気の中、

第9回 金沢ピアノ教室発表会 サマーピアノコンサート が無事に終了いたしました。

今回、たくさんのお母さま方から、

『生徒さんの発表というよりは、1つのコンサートを聴きにきたようでした。』というお声を多くいただき、とーーーーってもうれしかったです🌼f:id:eiko19:20190616070520j:plain

 

(最後の挨拶で言い忘れてしまった事をこちらにちょろっと書こうと思います。)

自分も母となって迎えた初めての発表会。

分かっちゃいたのに、例年以上に準備が遅くなってしまい、結局最後の2週間は睡眠不足が続きました。
単一の身だったら、睡眠不足でも平気なのが、乳飲み子の7か月の息子を相手に、

『うっかり日中、寝落ちしてしまったらどうしよう…』

『レッスン明けの帰宅ドライブ、眠くなってしまったら。。。』なんて心配を毎晩していました。


しかしながら、母は強し。

どんなに眠くても、あくびしすぎて顎がジーンとしても、

日中の空いた時間はすべて息子に費やそう!と思えるし、
息子が寝たら、さぁ、準備だ!!さぁ練習だ!!!となれるんですね。

こうして子供に強くしてもらって気力を鍛えてもらってるんだな~と感じます。

もちろん、レッスン中は、ほぼ私の母が面倒を見てくれていたので、上記のような生活ができたのです。

 

 


その私の母は、開室以来、欠かさず発表会には顔を出し、生徒さん1人ずつの成長をみてくれていましたが、今回は初めて不在でした。
自分も歳をとったのもあり(笑)、不在による不安は無かったのですが、

 

やはり、母の言うことは強し。

 

それは、ソロ演奏のドレスの色。
今回ほど練習不足で迎えるソロ演奏(きらきら星変奏曲)はいまだかつてなく、

どうにか逃げられないかと思っていたほど(←生徒さんには内緒)

そんなわけで、

“ドレスもシンプルなものにしよ~~” なんてションボリしていたところ、母が、
『自信ないなら、華やかなドレスにしなさい。演奏もイマイチなのに、見た目も寂しいと余計惨めよ。』と。

 

その一言であの真っ赤!!!!!なドレスにしました。
まぁ・・・演奏は・・・そんなドレスで劇的に変わるわけでもないですが・・・

不思議なもので、ドレスの勢いに押されてまとめられた感はありました。

(あ、今後、華やかなドレスを着ていたら必ずしも自信ないという公式ではないですよ!笑)




そして、今回の発表会で生徒さんのお母さまという存在について、改めて深く考えさせられました。

ピアノという習い事が、他の習い事と大きく違う点は、自宅での研鑽。
それにはどんなに時代が変わっても習う本人の学齢が小さい場合はお母さんの協力は不可欠。

と同時に、“練習しなくて困る”と言ったお悩みは永遠の課題だなとも実感しています。

今回出演してくれた全生徒さんのお母さま。

きっとお家ですったもんだしつつも、きちんと練習させる環境や時間作りをしてくれたに違いありません。

 

私にとって息子は今のところただ可愛いだけの存在ですが

そのうち大きくなって、習い事の宿題を家でやらなければならない時に、

自分だって仕事と家事で疲れていて、それでも、習い事のために時間と搾りだしたエネルギーを注げるか…自信はないですね。

 

母の存在は強し。


今回の出演者のお母さま全員に本当に感謝申し上げます。

この大変さは永遠に続くものではないように私もちょこちょこレッスン内で自立を促しますが、今一度ご自宅での練習管理、よろしくお願いいたします。

f:id:eiko19:20190616181035j:plain

 

最後になりましたが、

今回は本当に周りの方々に助けられた1日でした。

準備は抜け抜け、

演奏はハラハラ、

テンションはアゲアゲドキドキという超内弁慶の私だけでは、

昨日の演奏会は成立しませんでした。

 

 

ステマネの神力さん、

★打瀬教室の指導と、アナウンスの友理先生、

お2人には連弾までしていただいて。。。

 

★写真の新一さんとたか子さん、

★賛助出演前に受付を担当してくれた、生徒OGのれいちゃん、りおちゃん、

★影アナをしてくれた、あいちゃんと、マリンリン、

★集合写真の際に花の配布と小さい子たちをまとめてくれた、さきちゃん、

 

本当にありがとうございました(T_T)/~~~

 

 

そして、

★素敵なクラリネットで会場を魅了してくださったゆうたさん。

そのお人柄ゆえの優しい音色に、事前の合わせから幸せいっぱいで✨
(でも私の伴奏は直前リハまでヒヤヒヤさせる始末…)

また是非共演させていただきたいです🎵

f:id:eiko19:20190617223522j:plain




そしてそして、

夫と息子にも感謝でいっぱい。

人生初の父の日にも関わらず、朝から駆り出されて荷物の搬入・搬出と、スタッフ全員分の食事の買い出し。そして1日中7か月の子の相手。
そしてその7か月くんも、最近メキメキ主張し始めてた“自己主張”を極力抑え、
お得意の外面の良さも相まって、我が息子ながらお利口さんで過ごしてくれていました。



f:id:eiko19:20190527193224j:plain



さて!次回は記念すべき10回目の発表会🎵

今度こそ(笑)早めに企画を始めます!

 

そして、

来月は生徒さんのコンクール。

秋には大人の生徒さんの発表会と自分の本番が🎵

また新しい曲との触れ合いが今から楽しみです★