金沢瑛子のブログ 〜音楽あれこれ〜

ピアノと共に生きてきた金沢瑛子のブログ。演奏と勉強のこと、お教室のこと、またリトミックとソルフェージュについてあれこれノンビリ書いてます。

懐かしい出会いと新たな出会い

こんばんは!千葉市緑区あすみが丘のかなざわピアノ教室です♫


少しずつコロナ以前の状態に戻りつつあるさなか、

今月は懐かしい人との出会いがたくさんある月でした。

f:id:eiko19:20200701061000j:plain

 

先日のホール抽選でたまたま遭遇した、昔お世話になった先生。

8年ぶりくらいの再会でしたが、変わらぬ温かさに加え、私自身が今悩んでいる事などをすぅーっと解決する方向へ導いてくれて、なんだか不思議な気持ちでした。

 

 

そしてその翌週は、コンサートのチラシ掲示をお願いしに、以前勤めていた職場へ。

こちらも4年ぶりくらいにお話しする先生や大変お世話になった大先輩方。

でもなぜかすごく自然体でお話が進み、掲示をお願いするだけのつもりが1時間話しておりました。。。

 

 

やっぱり外に出ると、素敵な事がたくさんあるんだな💛

そんな事を実感した6月。

 

 

そしてそして、嬉しい新たな出会いもありました🎵

コロナ禍で延期となっていましたが、新規の生徒さんが6月から4人レッスンをスタートされました🎹

7月にも1名入会が決まり、これから始まるレッスンに私もワクワクが止まりません✨

 

 

今春開講予定のコースも少しずつ目途が立ってきて、

これまた別場所での新たな出会いもあって、

7月はいろいろと楽しく忙しくなりそうです♪

 

ホール抽選

こんばんは!

千葉市緑区土気・あすみが丘の金沢ピアノ教室です♪


早いもので6月も後半。

コロナコロナで、何故か騒動前の1月からの記憶がほぼないまま、1年の半分が終わろうとしています。





先週、いつも利用している音楽ホールの抽選へ行ってまいりました。

午前は2021年の5月、午後は2021年の6月分。




さて、その頃はどんな情勢になっているだろう…



と疑心暗鬼しつつも、



やっぱり場所だけ確保しておかないと!


という一心で朝から気合を入れて会場へ!!




ただ、毎年5月はゴールデンウィークに加え、小中学校の運動会時期。

しかも、あすみが丘のそれぞれの学校はご丁寧に一週ずつズレている😅




てな理由で、抽選の中でも取れる日は限りなく…




圧倒的な倍率の低さだったのに…




撃沈👻





そして午後の再抽選までの間に、別の音楽ホールへ移動して、



諸々の登録をし直して、




再度午後も音楽ホールの抽選へ。






こちらは、午前の5月分よりも人数が多く、



抽選番号が恐ろしく悪く、





またまた撃沈👻👻👻





7月にまた行きます🤪



生きるチカラをつけよう!

こんにちは♪ 千葉市緑区土気・あすみが丘の金沢ピアノ教室です♪

 

学校再開から2週間。

少しずつ生活リズムを取り戻すのと同時に、

学校行事の今後の見通しが立ってきました。

 

 

延期や特別措置がなされたものもあれば、

 

中止になったものも…

 

 

 

昨日レッスンに来た中学生3年生の生徒さん。

年長さんから通いはじめ10年目。

 

すこし歳のはなれたお兄ちゃんと同様に吹奏楽部でも音楽に真摯に向き合い、

がんばってきました。

 

 

そして3年生を迎える直前に起きたコロナ騒動。

 

集大成のコンクールは中止になり、

部活も2ヶ月停止に。   

 

 

『完全に目標がなくなった』とレッスンで嘆いていました。

 

 

 

コロナ騒動は誰かが賠償するような問題ではないのは承知してますが、

 

でも10代の、その時にしか味わえない、体験できない貴重なことを

 

片っ端から排除していってしまった事実に対して、

 

やるなせさが募ります。

 

憤りすら感じます。

(コロナの件に関しては、TRUMPがんばれ!と思っている…)

 

 

 

 

ただ、嘆いていても、伏せていても仕方ない。

 

しかもこういう想定を大きく上回る出来事で、日常が脅かされる事態は10年に一度は起きるらしい。

 

この辛い最中を乗り越えて、対応能力を高めていって、

 

“生きるチカラ“ をつけよう!

 

 

 

と声をかけました。

 

思春期の子に対して、熱く語りすぎたかなっと言った後にすこし騒ついてしまったけれど、

 

その生徒さんはニコっと笑いながら、

 

『うん、そうする!』と。

 

 

 

 

子供の対応能力は本当に凄い、頭が下がります。

 

 

 

レッスン環境と講師のスキル

こんばんは☆

千葉市緑区土気・あすみが丘の金沢ピアノ教室です♫

 

 

対面レッスンが再開し、すっかりオンラインレッスンが過去の出来事となりました。

 

f:id:eiko19:20200508141843j:plain

 

 

レッスン環境によって、講師のスキルが求められるな。。。と実感(痛感?)した数カ月。

 

このオンラインレッスンという、計算外の試練により、私自身が学んだことがたくさんありました。

 

 

①話し方

 

リトミックの研修などでは必ずピックアップされる議題ですが、

個人のピアノレッスンにおいても、話し方、伝え方の大切さを改めて感じました。

私は、声が大きく通るのですが、かなり早口!!

 

過去、教室の生徒さんで、私の早口にがんばって対応しようと、なんでも

『はい!』『わかった!』と即答する子がいましたが、

 

たいてい内容を理解しておらず😢

 

オンラインの場合、伝わっているか否かがより如実に出るため、

(伝わっていないと…無反応。画面のフリーズと勘違いすることも笑)

 

話し方には注意しました。

 

 

 

 

②聴音力

 

レッスン環境整備にあたり、どのお母さまも、わたしが見やすいように工夫してカメラを置いてくださいました。

しかしながら、パッセージの速い曲などは鍵盤1つ1つを追えるほどの精密さはお互い厳しく、

頼りになるのは自分の耳!!!

 

音色のレッスンができない分、譜読みだけは完璧に直すことは目標にしていたので、

 

ケーエスミュージック(7年通ったソルフェ教室)で培った聴音力は今回かなり活きたと思います。

 

そして、これからこの道を志す人や、ソルフェのレッスンを受講する機会のある人に、

『聴音はめちゃ大切!!』と言いたい。

 

 

 

③判断力(オンライン編)

 

これは普段のレッスンでも求められますが、

 

限られたレッスン時間の中で、

 

今日のコンディションを見て、

 

なにを生徒さんに習得してもらうか

 

 

これをオンラインでもいつも考えました。

メモを取ってもらう時間もあったので、毎回5~10分程度伸びてしまったのですが、

内容については、かなり頭を使いました。

 

いつもとおなじレッスンでは意味ないけれど、

 

無理にあれもこれも伝えてもその習得度が判断しずらい。

 

 

この①-③は、オンラインレッスンをしなければ、考え改めることもなかなか無かったかもしれません。

感謝👍