金沢瑛子のブログ 〜音楽あれこれ〜

ピアノと共に生きてきた金沢瑛子のブログ。演奏と勉強のこと、お教室のこと、またリトミックとソルフェージュについてあれこれノンビリ書いてます。

コツコツの積み重ね

こんにちは!千葉市緑区あすみが丘7丁目の金沢ピアノ教室です。

まだまだ先だと思っていた発表会も、あっという間に1か月前を迎えました。

生徒さんたち、ソロに関してはほぼ音楽づくりをしながらアンプ作業へ入り、

アンサンブルも大方通して弾けるようにはなりました。

 

 

私もソロ・・・やばし!

なんか言い訳がましいですが、生徒さん個別の進捗状況を細かく把握する資料を作ったり、必要に応じて録音データや楽譜添削をしていたら、自分の仕上がりが1番やばかったというオチ。

 

6月は湿度でダメージの多いピアノちゃんにさらにがんばってもらわねば!笑

 

 

 

さて、そんな練習追い込み期間。

個人ファイルの中に生徒全員が持っている数こなし表を早くも完成させてくれた子がいます。

f:id:eiko19:20210521185256j:plain

 

しかもこんなカラフルに塗ってくれて、色鮮やかで素敵★

 

もちろん、数をこなすことが練習として100%正しいかといえばそうではないんですが、

これを達成したEちゃん。なにが変化したかといえば、

 

対応能力。

 

注意されたことをその場ですぐに直し、自分のものへと吸収するスピードが速いこと!!

 

これが、コツコツ地盤を固めてきた子の強み。

 

さて、あと何人、この表を完成できるかな?

(私も含め・・・・)

心の処理が難しい

こんにちは!

千葉市緑区あすみが丘7丁目の金沢ピアノ教室です。

 

5月も半ば。

平常時であれば、近隣の小学校や中学校から、運動会の練習に励む子供たちの声がわんさか聞こえる時期です。

 

教室の所在地は、小学校から徒歩2分。

音響の届く範囲ということで、毎年お気遣いのお手紙が学校から届きます。

 

その文面の一か所を見て、思わずため息が出てしまった。

f:id:eiko19:20210511162803j:plain

 

『保護者の観覧は行わないこと 』となります。

 

ピアノの生徒さんに詳細を聞いたところ、ダンス等の見世物は、予行練習の時にその学年の保護者だけ見ることができるそうですが、徒競走など他の競技は見られないと。

 

もちろんその理由はコロナの影響。

そして、ご存知の通り去年も同じ対応だったので、保護者の方は2年間、子供の雄姿を見られないのです。

 

 

運動会大好き一家の中で育った私には耐えがたい状況。

幼少期、運動会は必ず両親が見に来て、ビデオ撮影をしてくれました。

そして当日、翌日、1年後、数年後とまたそのビデオを家族で見返す。

 

それは思い出に浸るだけではなく、自分の頑張りを家族が喜んでくれることで、子供ながらに、もっとがんばろう!!という気持ちが沸き上がる素晴らしい時間なのです。

 

また親にとっても普段家の中では見せない姿を見られる場、それが学校行事。

そして、子の成長を改めて感じることで、親だってこれからもがんばろう!と思えるのではないでしょうか。

 

 

コロナで学校行事が中止になったり、縮小したり、それはこんなにも多くの範囲にある可能性を潰していっている。

 

オリンピック選手にも選手生命があるのは、よく分かりますが、

生命的な話をするのであれは、子供たちの″今”はどう考えれば良いんでしょう。

 

 

割と楽天的な私も、この問題を心の中で処理していくのは難しいです。。。

 

想像力や思考力をSTOPさせないように

こんにちは!千葉市緑区あすみが丘7丁目の金沢ピアノです♬

 

 

突然ですが、皆様、この写真を見てどう思いますか?

f:id:eiko19:20210403093053j:plain

これは、千葉市緑区内にある某公園。

4月に撮影したものです。

 

ここは、公園と行っても、山手線のように歩き続けると一周する場所で、

ところどころに公共施設や遊具などがあります。

 

その一か所。

この花壇の前をたくさんの人が通り過ぎていく場所です。

(で、私は息子がずぅーっと蟻探しをしていたので、通り過ぎずにステイ…)

 

 

そして蟻を追いかけつつ、この花壇を通る人の会話がちょいちょい聞こえてきたんです。

 

キレイだね~

かわいいお花だね~

いろんな色があるね~

 

触っちゃだめよ!

入っちゃだめよ!

抜いちゃだめよ!!!

 

などなど。

 

 

しかし、すごーーーーく気になってしまった会話があって。。。

 

おそらくおばあちゃんと、そのお孫さんらしき男の子(小学校低学年くらい)。

少し離れたところから、先に男の子が花壇に駆け寄って、じーっとお花を見つめていました。

そして後からおばあちゃん近寄ってきて、

 

あら見てごらん!

チューリップが寂しく咲いてるよ。

こんなスッカスカじゃお花植えても仕方ないね。

 

と。そして、男の子は、

 

えっ!

 

と言ったあと、しばらくして、

 

そうだよね!

こっちの方も植えないと意味がない。

色もなんかバラバラに植えただけだし、きれいに並んでない。

こんなの、すんごく寂しいや。

 

f:id:eiko19:20210403093053j:plain

 

 

なんだかその会話を聞いて、すごーーーーーく心が苦しくなってしまったんです。

聖職者ぶるわけではないけれど、きっとその男の子がはじめこの花壇を見たとき、違う心象を持っていたはず。

 

でもおばあちゃんの考え方を聞いて、“同調しなければ!”というスイッチが働いたんでしょうか、

口から出まかせに先に挙げたことを話はじめ、自分を納得させている様子でした。

 

 

もちろん、いろんな考え方があって然り。

そのおばあちゃんを否定するつもりはないけれど、

まだまだ脳と心が成長段階にある子供たちに先に感想を聞いてあげてほしかったなぁと。

 

 

大人の発言1つで、芽を出そうとする思考力や想像力が土にまた戻ってしまう。

知育ブームの昨今ですが、それよりも日々の生活の中から心と脳を柔軟に育てることができる大人になるのが目標です。

f:id:eiko19:20210403093119j:plain

 

新年度から始めたこと♬

こんにちは!千葉市緑区あすみが丘7丁目の金沢ピアノ教室です。

ブログ更新が開いてしまいました。

 

 

さて、新年および新年度から、教室内でいろいろと新しい試みをしております。

そのすべての目的は、生徒さんや保護者の方とのコミュニケーション向上のため。

 

この自粛生活が常態化してきた中、

やっぱり人と人とがコミュニケーションを取れる環境こそ、人間らしくいられる最大限のことだなと実感し、

可能な範囲で、もちろん感染症対策をしながら、ピアノを通した関係づくりの強化に励んでいます。

 

具体的には、

・個人面談の実施

・レッスンだよりの配布

・レッスンの行きかえり通知

などなど。

 

そして現在プロジェクト進行中なのは、

・オリジナルレッスンノートの作成

・1年のイベントの確立

・保護者参加型のイベントの新規企画

などなど。

 

 

中でも、個人面談は、普段ゆっくりお話しすることが難しいお母さまとじっくりレッスンや練習、その他私の子育て相談まで(笑)…大変有意義な時間となりました。

 

 

そして、レッスンだよりも2号目を無事に配布。

中学生からの生徒さんのアドバイスも取り入れながら、今後もピアノがよりもっと好きになってもらえる内容を記事にしていこうと思います♪

f:id:eiko19:20210404163716j:plain