金沢ピアノ教室ブログ  ~音楽アレコレ~

土気・あすみが丘 金沢ピアノ教室のブログです。ピアノソロの演奏や、お仕事、ソルフェージュ&リトミックについてアレコレ自由に書いています。

ついに、生徒さんの中に…

こんばんは★
今日は、あすみが丘のいたるところの小中学校で入学式があったようですね♪
私の生徒さんの中にも、ピカピカの1年生、小学生7人、中学生が2人、大学生が2人います♪ご入学された皆さん、おめでとうございます☆

その中でも、大椎中学校に入学された子がいて、なんと初めて自分自身の後輩(と言っても、はるか遠き先輩後輩関係ですが…)となる生徒さんができました☆★
そういう出来事でつくづく実感する、自分の歳(笑)


そして、今月から新しくレッスンをスタートされる生徒さんが3名いて、今から私も楽しみです☆
今日来た年長さんの男の子Aくん。その子のお姉ちゃんのBちゃんは私の生徒さん第1号で、3年以上レッスンしてきた事もあり、Aくんは教室に来る事には慣れていましたが、いざ、自分が弾く番になると、
「うわぁぁ〜〜緊張するなーー(>_<)」と素直な感想をたくさん言ってくれました。

Aくんのレッスンで使う為に、お姉ちゃんBちゃんが昔使っていた教材を今日久しぶりに見たら、明らかに私の筆跡ではない、特特特大級のはなまるがズラリ(笑)Bちゃんがちょこちょこ弟くんにあらかじめ指導をしていてくれたようでした。
“ごっこ”とも捉えられる見方もありますが、しかし、2人のレッスンへの意気込みが感じられてとても嬉しかったです。

考えてみれば私も幼い頃、先生と生徒1人2役で自宅でレッスンごっこをよくしていました。もう使わないだろうと思っていた教材にバシバシ勝手に書き込み、突然、師匠が『前に使っていたあの本、来週持ってきてね〜』なんて言われて冷や汗をかいたのもよく覚えています。


時代は流れて、小学校の在り方も、おけいこ事に関する事情も変わっていくのが自然ですが、ピアノという1つのモノを通して考えてみると、昔と今はほとんど変わりないな、と思いました♪

おまけ:アメリカのディズニーに行かれた(すっごい羨ましい…)方からのお土産&先日頂いた、生徒さんからのお手製☆★